古銭と言っても色々なものがあります

古銭というとどんなものをイメージするでしょうか。中には江戸時代の小判を連想する人もいるでしょう。金の含有量によってかなり価値が変わってきますし、時代によっても価値が大きく変化をするので、一口に小判と言ってもどういう時代のものなのか、しっかりと鑑定をする必要があります。江戸時代の貨幣だけが古銭というわけではありません。明治、大正、昭和初期もかなり古いお金があるので、コレクションをしている人もいるでしょう。今、流通をしているもの以外のお金であれば、古銭ということができます。見慣れたものでも微妙にデザインが異なっていれば、それは古銭ということができます。いつの時代のものなのか、ということを調べてみるのも面白いでしょう。エラーが発生しているものの場合には、高額で買い取ってもらえる可能性もあるので、古銭が見つかったらどの時代のものでエラーがあるのかどうか、確認をしてみるとよいでしょう。その後買取業者に持ち込むとよいです。

ちょっと特殊な貨幣、お持ちではありませんか?
古銭買取のおすすめ業者教えます